銀行のキャッシング審査にかかる時間

MENU

銀行のキャッシング審査にかかる時間

私が利用したキャッシングは消費者金融のものではなく、銀行が提供しているものでした。保証会社は消費者金融のようでしたが、資金も多くある銀行のサービスで金利もお得だったので選びました。日本全国でもよく知られている銀行だったので、場所を問わず利用できるということでかなり信頼しました。

 

審査は一般的なようで、私の場合は保証人も収入証明書も必要ありませんでした。50万円の利用限度額だったので負担もあまりありませんでしたが、これが100万円を超えるようになると場合によっては担保や保証人が必要になるようです。

 

また、収入証明書の提出が求められる場合もあるようで、少し面倒な手続きになってしまいます。審査が終了するまでには約3日かかりました。手続きをして仮審査に通過するまでには2日ほどかかり、だいたい1週間かけて利用できるようになりました。次の週にはローンカードも届いて借り入れも返済もできるようになりました。

 

ローンカードが届くまでは1週間近くかかったのですが、その期間は返済ができず、必ず金利が書かてしまうということでした。どんな借入でもそういうものだと知ってはいたので特に心配もなく、借り入れも返済までも無事にできました。

 

サービスによっては審査が1日で終了するサービスもあるようですが、銀行系のサービスでは審査に時間がかかってしまうというのが一般的なようです。もちろん金利の低さや安心感を優先して選んだので審査の遅さはあまり気になりませんでしたが、急な出費に対応するとなると少し対応は遅かったかもしれません。利用目的に合わせて消費者金融か銀行かを選ぶのも大切でしょう。

 

銀行でキャッシングを利用する場合も、審査はかなり早く終えられることが多いです。近年は特に消費者金融も銀行もコンピュータが発達してきており、審査時間はかなり改善されています。それでも銀行では、審査にしっかりと時間をかけているので待ち時間が出てしまうのは仕方がありません。

 

システムチェックの審査と人の目による審査があるため、利用限度額が大きくなればそれに合わせて審査も長くかかるようになります。一般的には2日から3日もあれば審査に通過できるはずですが、それ以上かかる場合でも不安にならずにしっかりと結果を待つようにしましょう。ローンカードの到着をもって審査結果とする場合もあるので、郵送物を待たなければいけない場合は特に待っているしかありません。

 

キャッシングで借入する金額が低ければ多少審査も甘くされます。銀行側としても100万円の借入はリスクも大きいですが、10万円の借入は100万円に比べればリスクは小さくなります。収入や業種をしっかり確認できれば特に審査は早くなります。

 

個人事業主とサラリーマンではサラリーマンの方が安定していると思われがちですが、建築関連や警備など危険が伴うような仕事の場合には審査が厳しくなってしまうこともあります。それぞれの状況に応じて安全かどうか、審査が早く終わるかどうかは変化するので、まずは信用情報をよくして置き、収入もしっかり証明書込みで申告できるようにするとよいです。

 

お金の返済ができるかどうかも審査ではかなり大切なポイントです。銀行のサービスでも保証会社がつくので、その会社の審査に通れなければ当然借り入れが利用できません。銀行によっては自身で保証会社を用意してもよいとなっていることもありますが、あまり一般的ではありません。

 

収入、保証会社の審査があることも心がけて信用情報を少しでも良い状態にしておくとキャッシングでの少額融資も失敗しないです。条件などもいくつかあるようですが、少額融資になればその分審査時間も短くなるので、急いでいるときには工夫して利用しましょう。消費者金融のサービスを過去に利用している場合には特にその会社名などもチェックしておくとよいです。

関連サイト